日焼け止めで紫外線を防ぐのはスキンケアの基本

日焼け止めなどで紫外線対策をするのは、今やスキンケアの基本となっています。日に焼けた小麦色の肌が美しいとされた時代もありましたが、それはシミやそばかす、そしてシワやたるみの原因であることがわかり、美容に日焼けはNGとなったのです。
今やスキンケアの基本ともなった日焼け止めですが、実は正しく使えていない人が多いようなのです。日焼け止めといっても様々な種類があります。一昔前は乳液やクリームが当然でしたが、最近ではジェル、スプレー、パウダーなど様々なタイプが登場しています。それぞれのシーンに合わせて使い分けるのがいいでしょう。
また注意したいのが良く記載されているSPFとPAです。前者がB波、後者がA波を防ぐ指数となっています。B波は波長が短くシミやそばかすの原因となるのに対して、A波は波長が長いので曇天や室内のガラス越しでも降り注ぎ、肌の奥深くまで降り注ぎシワやたるみの原因ともなるのです。何が言いたいのかというと、真夏の炎天下に屋外にいる場合はSPFの高いものを、屋内で作業をする場合はSPFよりもPAの高いものを利用すべきなのです。
それと特に夏場などは日焼け止めを塗っても、汗で流れ落ちてしまいます。そこで定期的な塗り直しが必要なのです。ウォータープルーフの商品であってもです。2時間おきに塗り直すことです。
このようにスキンケアとしての日焼け止めは使い分けが必要なのです。紫外線を防ぐ効果が高いということは、肌にかかる負担が大きいケースが多いのです。紫外線は防いでも日焼け止めによって肌トラブルが起こっては本末転倒です。シーンごとに使い分け、入浴時には必要に応じてリムーバーなどできちんと落とすことです。"