見落としがちな夏場の紫外線対策

肌の露出が増えるにつれて、紫外線対策を意識する人が多くなります。
しかし、腕や脚、顔周りなどに入念に日焼け止めを塗るだけでは紫外線対策として不十分といえます。
なぜなら、体内に取り込まれる紫外線の多くは瞳から取り入れられているからです。
瞳から取り入れられた紫外線は、シミを作り、肌の老化を早めてしまうことがわかっています。
なので、皮膚だけでなく目元の紫外線ケアも意識するようにしましょう。
目元の紫外線ケアというと真っ先に思い浮かぶのは真っ黒なサングラスだと思います。
光をシャットして、目を守るというイメージがありますが、実は紫外線ケアにとっては逆効果だと言われています。
なぜなら、真っ黒なレンズという物は特に光を通しやすいため、逆に目元に紫外線を集めてしまうことがあるからです。
なので、真っ黒なサングラスはオシャレとして楽しむことはできますが、紫外線対策として活用することはオススメできません。
むしろ、少しグラデーションがかった色味のサングラスや、最近では透明なレンズの伊達メガネにUVカット機能が備わっているものなどがあるのでぜひそちらを利用するのがオススメです。
また、一口にUVカット機能が付いているといっても、そのUVカット率は物によって様々です。
ただ「UVカット」と表記されているものよりも、何パーセントカットされるのかが明記されている物の方が信頼感がありあます。
ぜひUVカットレンズを選ぶときの参考にしてください。